警告書

 

  チクリンパ 殿

 

 

 

 私は、環境微生物学髙嶋康豪博士及び㈱髙嶋開発工学総合研究所の代表者である髙嶋康豪氏の秘書をしており、上記会社の契約法務担当である渡邉澄雄です。

 

 上記会社は、静岡県沼津市三枚橋町15-10アム大手町ビル7F-Bに所在します。

 

 この通知をチクリンパ殿のフェイスブックに投稿(322日)してから後2週間以内に下記の内容を記した文書を当社所在地に提出することを要請します。

 

 

 1、チクリンパ殿の本名、国籍、居住地、連絡先電話番号を明らかにすること。

 

 

2、「僕の菌さんの師匠の川端先生」とは、福岡県福岡市南区花畑2丁目17-27在住の川端政俊氏のことか、他の人間かを明確にし、他の人間である場合はその本名、国籍、居住地、連絡先電話番号を明らかにすること。

 

なお、川端先生が川端政俊氏であるとすれば、同氏は「ナホトカ号の重油流出事故による、広範囲の海洋汚染源の重油を水に変えた技術者です。世界中の科学者がどうにもできなかった汚染を、これまでことごとく無害化してきた方です。」というのは明白な誤りです。

 

ナホトカ号の流出重油を飲料水にまで浄化したのは環境微生物学博士である髙嶋康豪博士であり、川端政俊氏ではありません。世界の汚染の数々を無害化したのも髙嶋康豪博士であり、川端政俊氏ではありません。川端政俊氏は、ナホトカ号の重油を髙嶋康豪博士が浄化したときに高嶋博士の指示に従い、処理の手伝いをしたものであり、それ以上のものではありません。

 

 3、チクリンパ殿(以下、貴殿という)、貴殿の実施しているバイオトイレ事業は、髙嶋康豪博士の複合微生物動態系解析による複合発酵科学技術、及び髙嶋康豪博士が埼玉県日高市高萩2639-2在住の柳田繁吉氏にライセンス供与したバイオトイレ処理技術(「あうん」技術及び簡易型バイオトイレ処理技術)の盗用、流用ないし模倣であります。

 

このことは髙嶋康豪博士及び柳田繁吉氏が明白な盗用、流用ないし模倣であると断定しました。貴殿は、明白に髙嶋康豪博士の許可を受けずに無断で上記の複合発酵科学技術を盗用、流用ないし模倣しており、明らかに不法行為であります。

 したがって、この通知を受け取り次第、バイオトイレ事業及び関連する廃液廃水処理を中止し、髙嶋康豪博士及び柳田繁吉氏に謝罪し、以後バイオトイレ事業及び関連する廃液廃水処理の一切を行わないことを公に自己の意思で関連する人々すべてと第三者に発表することを要請します。

 

 4、さらに貴殿は、髙嶋康豪博士の複合発酵酵素水(EMBCモルト)、複合発酵増殖液、光合成槽を何らかの方法で入手しているものと推測されるが、その入手先の本名、現住所、連絡先を明らかにすること。

 

 

貴殿が上記14の要請に応じない場合は、詐欺罪で刑事告訴を行うとともに、民事の不法行為による損害賠償請求を行わざるを得ないことになりますので、念のため申し添えます。                   

                                            令和4319

 

                       ㈱高嶋開発工学総合研究所

 

                       契約法務担当  渡邉澄雄

 

                       

  (チクリンパ殿により“結い”なるものを設置した人、及びひかり水なるものを購入した関係者の方は(055-941-8091)まで上記の情報をお知らせください)

 

         その後の詳細は柳田ファーム百姓雑感日々如是我聞3月29日から順次をご覧ください。

 

facebookにチクリンパトオルから

返信がきました



こんばんは。
はじめまして。

チクリンパとおると申します。

 

今、あうんの会様からのコメントを見ました。
僕は何も後ろめたさはありません。
この様な警告を受けて、そうだったのか。と思いました。

高嶋博士にはいつかご挨拶に行きたい思いがありました。
師匠も、いつか博士に九州に来てもらいたいという事を、
聞いていましたので、その日を待ち望んでいました。

共存共生の世界というものに、共感していましたが、
この様な事態になるのであれば、家族ある自分自身も、
この道を歩もうとしなかったでしょう。

地球人口分の幸せや、地球に恩返しができる可能性に、
家族共々邁進してきました。

その思いが、この様な事態になるのであれば、
最初から遠慮していたと思います。

僕は事を進めていくにあたり、
僕の師匠にも事細かに確認をして参りました。

僕の中では、問題が生じない様に配慮してきたつもりが、
この様なコメントで、これまで応援してきてくださった方々を、

傷つけることが、虚しい思いです。

共存共生の世界は、まだまだ先の様だと思いました。

 

僕に連絡がある際は、僕に直接お願い致します。
あうんのさんのお気持ち、わかりました。
しかし、コメント欄にあの様な形でコメントをすれば、
おそらくあうんさんのイメージも下がるはずです。
それはとてもいたましいですし、
複合発酵に対しても、イメージが下がってしまわぬ様、
穏便に直接対話する事を、理想としていきたいものです。

 

僕は罪を犯しているという認識はありませんでした。
今後、どの様な形で共存矯正していけるかを、
話していければ幸いです。
お互いに通話したり、オンラインのステータスやメッセージの既読状況を

確認したりできるようになりました。

 

 

23:10 (月)
とおる
チクリンパ とおる
これまでの活動で、お客様にお話ししてきたことや、
普及のあり方、僕の師匠と高嶋博士の関係性を、
師匠にその都度その都度確認して活動を進めてきていました。
後ろめたさはなど、持ちたくないですし、
トラブルも避けたいので、僕なりに色々と気を使いながらの活動でした。

 

 

明日、僕の師匠にも今回の事を報告させて貰います。
何分、僕も勝手な判断では動きたくないので、
明日に師匠に電話して、報告をして、
対応のあり方を検討していければと思います。

 

以下 チクリンパとおるのフェイスブックより転載   チクリンパフェィスブック

                                 今は複合発酵関連は削除されています。

 

 

 

自己紹介

 

微生物さん達のお力添えにより、汚染をひかる水に変える活動と、自作の楽器【チクリンパ】の演奏活動と講演活動の3点セットで、日本全国、天ぷらカーで走行し、地球の蘇生回帰を促す、自給的暮らしのお父ちゃん。

 

 

 

 

 



熊本県 天草郡在住

 

1月24日13:23
日本各所で僕のお弟子さん入り希望者が多数になりました。
そろそろ、まずは一人を育てていきたい時期になりました。
僕は丁度一年前からfbに参加しました。
この一年で多くの環境に、恩返しを進めてこれたのは、
支えてくれる家族がいてくれる事、
そして高額な施工金額にも関わらず、バイオトイレを導入してくださった
ひかりの御魂様たちとのひかりのご縁によってのことです。
一年は本当にあっという間、
これからも愛車の天ぷらカー369号にて、
依頼がある所に出没しますので、
皆さま、今後ともよろしくお願いします!

 

 

20211130  · 

 僕はバイオトイレを普及させてもらっています。

 しかし、活動範囲としては汚染という汚染全てが範囲です。

 地球上の汚染という汚染全てに取り組むことのできる仕事です。

 むしろ無害化できなかった汚染は見当たらない実績です。

 まずは、

 皆さんに一番関係するのはトイレですね。

 バイオトイレのお客様に多いのが、

 元々はコンポストトイレや野糞派の、

 ウンチと向き合ってきた方が殆どです。

 長期にわたりコンポストトイレにトライしても、

 うまくいかない現実を体験し続けた方たちからの依頼が半数を超えます。

 コンポストトイレや曖昧なバイオトイレは、

 菌さんたちの共存共生状態には行きつきません。

 むしろ拮抗作用を持つ土壌になってしまいます。

 土中環境を傾けてしまいがちです。

 水質汚染も要注意。

 人類みんながコンポストトイレにしたら、

 どうなることでしょう。

 きっと水質に影響が出ますね。

 ウンチやオシッコが腐敗したり、

 腐敗しドロドロになったウンチを土に戻し、

 土地をベトベトにしてしまったりで、

 地球に恩返しのつもりが、うまくいかないという

 これまでコンポストトイレを使ってきた方達の本音だと、

 コンポストトイレユーザーの声を聞くと分かります。

 以前コンポストトイレを普及している方からも、

 相談があり、何時間も電話して、うまくいく様に指導しましたが、

 中々うまくはいかない仕組みだと

 一目瞭然なコンポストトイレデザインでした。

 この様に本末転倒を体感した方からの依頼が多いです。

 菌さんたちの数や活動が、著しい環境汚染により、

 低下している事は、データも証明しています。

 目に見えるのは松ガレなんかもその一つです。

 ひかり水により松ガレも改善したりしています。

 その様なことに気がついた方が、依頼をくれます。

 僕は植物由来の菌さんたちのお力添えにより、

 これまで地球上でお手上げとされてきた環境汚染の数々の、

 1000件以上を無害化できた実績を持つ菌さんたちとの活動です。

 ヤオヨロズの菌さんたちに守られています。

 僕の師匠はナホトカ号重油流出事故による

 広範囲の海洋汚染源の重油を水に変えた技術者です。

 世界中の科学者がどうにもできなかった汚染を、

 これまでことごとく無害化してきた方です。

 現場で活躍してくれている菌さんたちは、

 もちろん常在菌さんです。

 身近に存在してくれている菌さんたちにお力をお借りしています。

 もちろん口に入っていけないものは使用していません。

 化学物質も使っていません。

 それは、地球免疫を司る菌さんたちの共存共生状態を、

 人間の手で起こせる様になったことで可能になりました。

 今世紀最大の発見と言われています。

 現在の僕は科学的データなどに触れ、

 地球上で氣になる汚染状態をとらえる様に努めています。

 感覚も直感も駆使して、広いアンテナで捉えています。

 最近では海外からも汚染データと共に、相談が来ています。

 『どうにもできない汚染をなんとかできないか?』などという相談です。

 僕の師匠は現在70歳です。

 最近になり師匠は、師匠自身が受けてる相談の数々を

 僕に担当する様に声をかけてくれる様になりました。

 僕はこの地球に、どれだけの恩返しを実行できるかは分かりませんが、

 うんこまみれ、汚染物質まみれになりながら、

 それらをひかりに変えて行っています。

 目に見える結果を出していく事で、確実に地球に恩返しを進めています。

 皆さん、今後ともお力添え、宜しくお願いいたします。

 現在、バイオトイレの施工依頼が多数ありまして、

 今来ている依頼をこなすには3年はかかる見通しとなりました。

 それだけの人たちが、

 僕が普及している、満天堂式環境蘇生装置(バイオトイレ)結(Yui)を

 体感し、導入に向けて立ち上がってくれているという、

 ある意味ムーブメントが起きているのは確かだと思います。

 菌さんたちに感謝。

 師匠に感謝。

 兄弟子に感謝。

 お客様に感謝。

 家族に感謝。

 地球に感謝。

 


2021年11月11日  ·
僕はバイオトイレ屋さんだけがお仕事ではありません。
今、世界で5番目の汚染大国の、とある国家と、
上水の無害化、下水の無害化、ダダ漏れ劇薬工場排水の無害化、
畜産現場の劇的改善など出来ないかと、打ち合わせを進めています。
常在菌さん達の共存共生状態を築き、
これまでお手上げとされて来た汚染の数々を無害化し、
無害化どころか、高〜いエネルギー、ひかり水にチャージするのです。
現在世界で5番目の汚染大国を、
菌さんと僕らの働きかけにより、
世界一のひかりの柱が図太くそびえ立つ国に変換する事が
可能なのです。
できることなら、それを日本で早く起こしたい。その思いを共有する日本国内のひかりの御魂さま達から、
バイオトイレの施工依頼を受け、草の根活動として、日本各地にひかりの柱を立てさせてもらい、
ひかりの柱はグリッドとなりひかりの柱の点と点が線で繋がり、ひかりの面となる。汚染やネガティヴエネルギーから守る結界を張り進めている。
これが僕の活動です。

チクリンパ とおる
2021年4月18日  ·
  僕の菌さんの師匠の川端先生へのリスペクトの気持ちと、お母ちゃんは料理が上手いこと、お父ちゃんは刃物研ぎが上手いこと、

21年2月17日
ひかり水をギフティングして1ヶ月が経ちました。
本当にたくさんの方から問い合わせがあり、
数え切れない程のギフトをして来ましたー  
ありがとうございました。
毎日無償でギフトに時間をかけて来た甲斐がありました!
これまでひかり水を愛用してくれた方、そして効果を実感した方からは、
感想のメールや驚きの声、そしてドネーションを頂いたり、感謝です!
ひかりの御魂さまたち、本当に感謝です。
そして今、ひかり水を僕から仕入れて販売したいという方々が
出て来てくれました。 
とても嬉しく思います。

インターネット等で通常1リットル7000円以上の価値があるとされる
奇跡の酵素、ひかり水を試してみたい方、少しずつ要望がきています。
まだ定員に至っておりませんので、遠慮せずご依頼下さい。
発送はレターパックで行います。
送料はコチラの指定した口座に振り込んで頂きます。
 要望についてはメッセンジャーにて連絡下さい。
 あと、使用してみての感想をコメント欄に投稿してくれると嬉しいです。
 これまでは、長年苦しんできたアトピーが驚くほど改善した。
畑の野菜がとにかく元気で美味しくなった。畑の土がホクホクしてきた。

 

チクリンパ とおる

 

2021111  · 

 

チクリンパとおると申します。

 

竹の弦のカリンバの、チクリンパという楽器を作ったり、演奏をして遊んでいます。

 それと。大工作業も好きで、たまに大工ごっこして楽しんでます。

 

そして最近一番ハマっている事は、複合的な微生物さん達のお力をお借りして、うんちやオシッコや家庭排水を、

 エネルギッシュ、且つ健やかな、ひかる水【ひかり水  Hikarisui】に変えて、そのお水で常在菌さん達や生命や人や空間や物達が活性化して調子が良くなるという現象を、愛車の天ぷらかーにてご縁ある方のところへ旅して、バイオトイレ、環境蘇生装置【結 Yui】を設置させてもらう。と言う事にハマっています。

 

この微生物さん達との対話の日々に、今後の未来の希望のひかりを感じ、感動しています。

 未来への希望のひかりを、伝えていけたら幸いと思い、新しい時代、風の時代、このタイミングでFacebookへの参加を始めました。

 

みなさんどうぞよろしくお願い致します。

 

 

その後の詳細は以下の「百姓雑感日々如是我聞」から