複合発酵資材価格問題        

 

 私は複合発酵技術に人生をかけ、すべてを投入して来たなか、基本的姿勢はありのままの真実だけが最大の支となっています。

 

 博士にご縁を頂き二十数年、最初の出会った時の人類救済科学との認識は、今もまったく変わりません。出会った直後に博士に手紙を出しました。 

 

 「先生の科学は光の地球人類救済科学です。光には闇が付きまとってきます。身辺には充分にお気をつけ下さい」との内容でした。そのときの直感のとおり、闇のエネルギーが関係者を通して博士の足を引っ張り次々罠を仕掛ける二十数年間でした。

 

 今思い出してみると、博士が複合発酵を発見発明し、世の中に展開しはじめたのは健康ビジネスでした。私との縁もそれでした。当時、博士はユニックスと言う会社の朝鮮人参の売り屋の男に、健康ビジネスを任せていました。この男が私に言いました。博士の科学を農業で広げる為の拠点になってくれ、その為に一千万の資材を購入して頂きたいとのことでアモルファス浄水機500万円、複合発酵固形バイオ500万円計一千万を支払ったのです。後々博士にお尋ねしたところ浄水機は30万円とのことでした。また固形バイオ500万円は保存が効くとのことでしたが大方カビが生えて廃棄しました。

 

 また、ごくごく最近のことですが、私が複合発酵技術を広げる為にあうんの会を立ち上げ家庭からの複合発酵あうんユニットを普及してゆく中、又々窮地にたたされたのです。

  会員はじめ世間に対して誹謗中傷の失墜に加えて、複合発酵技術の重要なEMBCモルツの価格設定はそのまま信用問題に直結します。調べてみると博士の健康ビジネスに参加しているある会社が何と半額近くで売り始めていることが解りました。あうんの会の会員も主催者の私から購入する人は一人といなくなりました。全く落語か漫才のような話しですが事実です。

 

 私は悩んだ末、博士に相談に沼津まで行きました。博士は立腹されて、その会社との取引は停止すると言われました。私は決心しました。今後どうなるか分かりませんが、博士に関係する会社の中、健康ビジネスや資材販売の会社の中、博士の科学そのもの、汚いものを綺麗に毒を薬に変える科学技術そのものを手掛け普及に努めているのは柳田ファーム一社だけです。そのような立場から何処より安く提供しなければ世間からの信用が無くなり、しいては科学の普及の足かせになりかねません。ですので、博士が自由競争の方針なら利益を度外視してでも安い価格を設定する所存でいます。 博士が立腹された、その会社は私がリッター150円で販売しているエナジー水を赤ラベル緑ラベルと称して、モルツをキャップ一杯加えてリッターなんと5000円なにがしで販売しているのです。

 

 とにかく博士の周りでは不可解なことの連続です。博士の元社員であり最も信頼し、私が全幅の信頼して会の重要ポストに付けた人が私を裏切って会を二つに割ろうとしたり、今回のように販売関係会社の価格をネットで調べて一番安い価格を付けて一人勝ちしようとしたり、とにかく科学の普及を邪魔する人は外に内に枚挙に暇が無いのです。

 

  しかし、もっと深い真実は博士の科学を絶賛し、博士に係わって来た人達が結果的に博士の足を引っ張リ、科学の信用の失墜を招くのは、その人達が原因では無くもっと深い理由があり、それらの背後にある闇のエネルギーのなせる技であります。関係会社のビジネス欲を手がかりに憑依するのです。私は何とか彼等を操る闇のエネルギーから助け出した後、関係者一同団結して人類救済科学の普及をはからなければならないと強く思っているのです。

  追記

 

 この闇のエネルギーこそ光の科学の高嶋博士を苦しめている本体です。そのことはシベリアの不思議な女性「アナスタシア」に見事に明かされています。どうぞご一読下さいませ。

                                                                  あうんの会 柳田繁吉

 

近日中に博士が価格調整をします。

我々はビジネスより高嶋科学の普及を目指しています。

環境・農業に対し重要な
複合発酵資材をビジネス目的の他の会社に譲ることは出来ません

調整が上手くいかず自由競争の価格なら、どこよりもお安く設定する所存です。

EMBCモルト   固形バイオ

 

      複合発酵価格問題は、博士の決断により以下のように解決しました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          

            平素は格別なご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
         さて○○○○酵素ショップは開設以来、多くの皆様にご利用いただきまし

         たが、諸般の事情により、2021年7月28日を持ちまして閉鎖させていただ

                       きます。
         これまでのご愛顧に対しまして、社員一同、深く感謝するとともに心より御礼

                      申し上げます。
         なお、ご利用の際にご登録いただいた個人情報はサイト閉鎖とともに全て

                   消去させていただきます。
               長らくのご愛顧誠にありがとうございます。
                         ○○○○