新方式詳細2

                 戻る

 

            

             100リッター単独槽

あうん単独槽は1000リッターが基本ですが、100リッター単独槽は多くの人に参加していただく日本の現実に合わせた単独槽です。

 

 合併浄化槽の浄化促進

 都市下水の通っていないところへは左記の合併浄化槽の設置が義務付けられていますが、このすぐ近くに100リッター単独槽を置いて、この処理水を合併浄化槽へ自動で流し込むことにより、合併槽の浄化が驚異的に進みます。エナジー水の実例もしかして、小さな装置ですがあうんユニットや1000リッター単独槽よりも地球環境にはそれ以上の働きをするかも知れません。全自動で誰しも導入できる価格で超科学を取り入れ

ることができるのです。地球環境問題が新型コロナにまで迫った今、起死回生の一手になることを予感させる方式です。


 只今和歌山県の介護器具会社に介護用あうん単独槽の体験をして頂いています。その出来たバイオエナジー水を合併槽へ流し込んでいますが、合併槽の浄化が驚異的に進んでいます。

 後日お知らせするときが来ると思います。

 

 あうん単独槽100リッター価格

 

あうん単独槽 (100リッタータイプバッチ方式)  農業用エナジー水製造  合併浄化槽の浄化促進 介護用 その他

 税込み 165千円 (税抜15万円)

 

 

設置例

 

1)    家庭菜園 あうんパラダイスなどへのバイオトイレ設置、及び複合発酵堆肥の製造

 

 

2)   一般合併槽に隣接して単独槽を設置して処理水を合併槽の頭から流し込んで汲み取りゼロと合併槽の処理水浄化を図る。