新方式説明                                                                                                                                                   

 新方式の骨格 

 

  成功に導くのは、経験と現状認識

 博士にご縁を頂き25年、人類救済科学と言うこと一本で活動してきました。それは絶対的死生観からの行動であり、ビジネスだけの人には理解できないと思います。結果判断で言えば地球環境問題解決の柱、複合発酵技術は全く世の中に認知されていません。私に残された時間は限られてきましたので、今までの矛盾に大ナタを振るい私のやり方でやる決意に至ったのです。それは養豚での500頭からの高濃度排水処理を長年やってきた経験と、人間と言う矛盾に満ちた生き物を観察してきた結果から生まれた、私独自のやり方です。

 

  人類救済技術としていの一番に手掛けること。

 人類救済科学とは一言でいえば「大地との絆を取り戻す」ことなのです。その具体的な方法が人類80億の排泄物を宝に変えて大地を豊かな生命力あふれる土壌にすることなのです。大地は自然(神)が創った浄化装置であり、広島長崎の原爆放射能が今の科学常識に反して消失してしまった事実、あらゆる環境破壊毒物を浄化する土壌造りがすべての問題解決なのです。その循環の中で我々人間も、食べ排泄し生かして頂けるのです。

 

 すべての人が参加できる方法

 トイレが人類救済の決め手とすれば世界中のトイレを複合発酵トイレに変えなければなりません。それには一切のむずかしい技術を排除して完全自動にしなければなりません。しかも、複合発酵は自然作用ですから、アクシデントで壊れることも想定し、いざというときには菌床の入れ替えをします。その時のために菌床製造装置のプラントを世界各所に造ります。現代の車社会ガソリンスタンドのようにです。

 

  自然の法則に沿った方法

 一般家庭のトイレだからこそ、その方式が有効なのです。また微生物の原理原則からいえば現代の都市下水の方式そのものが間違っているのです。発酵と言うものは新鮮なほど良いのです。排泄された瞬間にあうん単独槽に流し浄化する方式です。都市下水では流れて終末処理場に行き着くまでに腐敗が起こり、腐敗菌の処理物は発酵が難しくなります。だから、あうんトイレの方式は理にかなっているのです。

 

  お金がかからない縛りが無い方法

 次に、何とか微生物技術と銘打って効果が無いにかかわらず、発酵促進資材を売り使い続けさせる方式は金儲け目的の商売です。私は一切の資材投入を排除し、会と銘打っての会費の徴収も廃止しました。

 

 長い間実験をくり返し、菌床のレベルアップに努め、後はバランスをとれば永久に働き続けることを体験し発見したのです。従って以前の増殖液モルトの投入も廃止しました。

 

 次に世界の貧困にあえぐ人々に展開するには以下が重要です。

 一に効果絶大

 二に誰でも出来る完全自動化

 三に価格がお安い。(価格)

 この三点が不可欠ですか、それ以上に次々と効果の連鎖が起こります。

 これらの要点を満たすために開発したのがあうん単独槽なのです。

 

 もう一度、基本中の基本を言えば、地球上の生物の頂点に位置する人間の排泄物を大地に戻し、大地との絆を取り戻すことこそ、いの一番にやらなければならないことです。大地が複合発酵の豊かな土壌になればあらゆる化学物質及び毒物は浄化され、水も空気も清浄化されます。大地は神が創った浄化装置そのものです。それを取り戻すことと同時に

、人間にとって心身を健康にする医食同源の食べ物は人間の排泄物を肥料にするのがベストなのです。生命情報という次元で言えば貴方の排泄物に貴方の生命の情報があり、病気の情報があれば微生物がその情報を野菜に伝えて、その野菜に病気を治す成分を造るのです。病気を癒し心身の健康を取り戻すことが可能なのです。

 博士とのご縁は、このやり方を世の中に伝えることだったのです。

  柳田繁吉

            あうん単独槽

複合発酵 新方式スタート

 

 (単独槽用スパー菌床育成成功)

 

 

 

複合発酵は菌床の出来にかかっています。

 

 

 

 

あうんバイオトイレは1000L便槽を一つで、下水処理法の合併槽に流し込むトイレと同様の働きをします。

 

 あうんユニット・単独槽は法律上のトイレではありません。すべての命あるものを元気にするバイオ処理水製造装置です。しかし、トイレとしての能力は、世に出回っているバイオトイレの能力を遥かに超えた次元を異にするものです。

 

 また、下水処理法に置いては都市下水につなぐか、合併浄化槽設置を義務づけられています。そうしたときにトイレだけをあうん単独槽にして、そのバイオ処理水の一部を合併槽に入れますと、合併槽の浄化が一気に進んで、合併槽の汲み取りも無くなります。

 

 山間部の古民家などに住もうという方は、合併槽の代わりに便槽をひとつ設置して、其処にお台所、お風呂の排水を入れます。其処に単独槽からのバイオ処理水を少量ずつ投入し続けることにより、そちらも浄化出来ます。下水処理法の合併槽と同様に家庭からの下水すべて処理して、その能力は次元を超えた段違いの能力を発揮します。

沖縄ヤンバル地域のエナジー水に依る合併槽の浄化例をご覧ください。

 

 驚異の浄化力

 臭いが無くなることは臭い物質が消失してエネルギーになることで、消臭剤の化学的消臭法 物理的消臭法 生物的消臭法 感覚的消臭法とは次元の違うことであります。

 

 バイオ処理水は自然の力で完全浄化したものです。そのバイオ処理水が自然界に循環されたときにさらに浄化の連鎖を起こします。

 皆さん現在の世の中で悪臭を消失し汚泥を消失するなどという技術はありません。認知されていないニューサイエンスである複合発酵のみが物質を消失してエネルギー化します。それも毒を薬に変えるのです。この科学技術は高嶋博士が試験管の中で造り出したものでは無く、本来自然の奥にある究極の自然作用なのです。それを発見し誰でもできるように技術に考案発明したのです。

 このような重要な技術は特許などで縛るものでは無く、一刻も早く世の中に開放しなければなりません。

 私は博士にご縁を頂き25年博士との関係を大切にしてきたがもう限界です。今後は内に外に真実情報で母なる大地である地球に最後のご奉公をする所存です。

 鳥インフルエンザ、豚トンコレラ、コロナウイルス地球熱帯化からの焦熱地獄、ノアの大洪水が迫っている今日の根本解決であり、それも皆さんが個人レベルで出来る最強の手段を提示しています。それが複合発酵単独槽なのです。皆さんが無視を続けるなら自らの手で家族子孫人類の滅亡に手を貸しているのです。 柳田繁吉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 地球の起死回生人類救済単独槽

 

温暖化はじめ、来るところまできた地球環境問題、すべての問題解決は微生物技術にかかっています。長いあいだ取り組んで来たなか、ここに来てから不思議なことが起きています。

 敵を知りおのれを知れば百戦危うからずと言います。世の中の実態がよく見えて来ると同時に、現代社会の病巣に的確にメスを入れる方法を天より知らされたのです。それが地球の起死回生人類救済単独槽のアイデアなのです。

 

 世の中の混迷と心の不安を抱えた皆さまに、確実に素晴らしい具体的結果をおとどけすると同時に地球環境問題解決の大いなるうねり「ジェネレイティブ・インテンション」を感じ「新時代の波」を起こすのが今このときしか残されていない事を知らされたのです。

 そこで宮崎駿のアニメ「風の谷のナウシカ」の腐海の現象を日本全国の家庭で起そうと決意したとき二つの問題点に気がつきました。

 

 一つめは微生物技術にありがちな難しさを排除し、単純化し自動にして技術不要であること。

 

 二つめは価格を超お安くして全国の一般家庭で導入可能にすること。

 

   この二つを可能にすることができたのです。これ等は皆さんの家庭をマイナスイオンで満たし森林浴のできる森に変えます。各家庭を命のフィールドにすることこそ幸せの根本なのです。

 

 各業界での活用を図ります

  そのためにも、今後皆さまのご要望にこたえてあらゆる単独槽を開発します。

 

 

ナウシカの腐海とは

 

 時は「火の7日間」という生物兵器「巨神兵」が投入された最終戦争から1000年後の世界。高度産業文明は崩壊し、人々は中世的な生活を送っていた。世界には「腐海(ふかい)」が広がり、そこから発生する猛毒ガス「瘴気(しょうき)」は5分で人間の肺を腐敗させるためマスクなしでは生存できない。腐海は旧文明後の新たな生態系を構築しており、蟲(むし)と呼ばれる巨大な生物たちが生息し腐海を守っていた。なかでも「王蟲(オーム)、の怒りは大地の怒り」と、高度な知性と深い精神文化を備える王蟲は象徴的に描かれている。

 

 人々は腐海と巨大な蟲たちに怯えて暮らし、この世界は腐海によって汚染され、腐海が拡大することで世界はさらに汚染していくと考えていた。しかし、ある日ナウシカが腐海の地下空間に落ちると、そこには澄んだ空気と水に満ちた森が広がり、頭上からは砂の結晶がキラキラと降り注いだ。そして、ナウシカは『腐海の木々は年老いて石になり、やがて砕けて森の底に砂となって降り積もる。その砂はこの世界の土や空気や水の毒が結晶したものであり、腐海は瘴気として少しだけ毒を出しながら、実はこの世界を浄化しているのだ』と悟るのである。人間が、腐海を焼き尽くし文明を再興しようと考えていたのとは対照的である。

 

 その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし。失われし大地との絆を結び、ついに人々を青き清浄の地に導かん・・

 

 宮崎駿監督のインスピレーションにより生まれたアニメ、風の谷のナウシカのメッセージは高嶋博士の複合発酵を指しています。今や腐海状態にならんとする地球のあらゆる毒物を浄化して酵素結合結晶に変えるのです。

 

 先だって博士に言いました。私の人生の残り時間も少なくなりました、ここで最後の勝負に出たいのです、と言いましたら、来世も一緒にやろうとのお言葉をいただきました。博士の生誕の地である富士の原はまさに金色に染まるススキの原であり、博士こそ失われし大地との絆を結び、人々を青き清浄の地に導く天命をもったその人なのです。

 今回の単独槽バッチ方式は多くの人々に共感をもたれて起死回生の一手になることを確信しています。

 

豚の惑星 予知能力から生まれたファンタジー柳田 作
 猿の惑星という言葉がテレビから聞こえた瞬間、電撃のようにひらめいた。それは豚の惑星という言葉だった。予知能力とはこうしたものを言うのだろうか?その言葉をたぐっていくと数万年後の地球が見えてきた。

 そこは理想的な命あふれる世界だった。まさに桃源郷の蜜が流れる川のほとりで豚の家族達がピクニックなのだろうか何か美味しそうなものを食べている。そばには何か不思議な形の車が止まっている。空も飛べるようであり、何とエンジンが無い。従って排気ガスは出たくても出ようが無い。空にはUFO のようなものが色とりどりに飛んでいる。まるで七色の風船が飛び交っているようでもある。
 
オレはマルコというジェントルマンの家に招かれていた。そこは1ヘクタールぐらいあるだろうか、住宅というよりも素晴らしい楽園だった。トイレを拝借すると、そこはマイナスイオンのエネルギーに満たされていて、思わず深呼吸するとなんか寿命が延びるような気がした。

 

 古文書によるとその技術は「あうん単独槽」と言い数万年前に人間の惑星だったころ、柳田大明神と名乗る変な百姓男がいて、高嶋何とか博士の複合発酵技術を使って考え出したものだとのことだった。
 
素晴らしい楽園のエネルギー源は、豚の糞尿をあうん単独槽でエナジー水に変えて、UFO式バキュウムカーで、昔ミステリーサークルをつくった原始的なエナジー水散布機で噴霧しただけのローテクノロジーの話だった。 しかし、複合発酵という大自然の深遠な生命情報という愛の法則により、トンコレラという致命的な病気の無い世界でもあった。(愚かな人間世界のトンコレで全頭殺処分など論外で、まさに天罰が下ったのである)
その様な 一切の苦悩無き世界のようだった。

 

 ふと疑問がわき上がった。何故このような地球になったのだろうか?
 するとタイムマシーンに乗ったのか、らせん
状の階段の渦巻きの中をぐるぐると落ちてゆき、気が遠くなった・・ふと気が付くと、人間の惑星西暦202?年らしい?大天変地異の真っただ中、遠く富士山から赤い火が激しく噴き出している、大地はぐらぐら動いている。すると誰かが豚達を小屋から解放している。
 貴方達は自由だ、貴方達自分自身の力で生きていくのだ。と言って豚に別れを告げている。良く見るとそれはオレ自身ではないか?そして雷鳴のような声が聞こえた?神の声か?お前の豚達から新たな新創世記が始まると・・
 
確かに今オレは豚達にあうんユニットのエナジー水をホメオパシーのように少量飲ませている。肉は最高だけでなく性格が穏やかになり、確かに何か深い思索にふけっているようにも見え、精神的な進化をしているのだろうか?宇宙エネルギーを取り込み撹睡つまり悟りを開き、人間無き新たな地球の未来を思っているのかも知れない。

 

 それから又タイムマシーンの渦巻に飲みこまれ、フト気が付くとオレ自信が豚になっていた。何時か見たような、そうだ宮崎駿の紅の豚のトレンチコートに山高帽子、顔にはサングラスのあの出で立ちだった。オッ!風の谷のナウシカがやはり豚になってオレのそばにいるではないか!どうやら人類救済技術複合発酵の普及への貢献で大いなる進化を許されて豚になったようだ。そして宮崎アニメ「風の谷のナウシカ」の真実を伝えてきたことでナウシカがオレに惚れてしまったようだ。

其処でのオレの仕事は映画監督だった。ナウシカはオレの女房になり又世界的大女優になっていた。
 
 
そして、世界的大ヒット映画、不朽の名作「豚の惑星」人類滅亡から豚の惑星誕生までの、真実に基づいた一大スぺクタル映画で、世界中に大反響を起こし名監督としての地位を不動のものとしていた。

 
一にも二にも、あらゆる問題の解決は“風の谷のナウシカ”のメッセージ.、・・その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし、失われし大地との絆を結び、ついに人々を青き清浄の地に導かん・・。それを実現するのは、天からの閃きでから生まれた技術“あうん単独槽”そのものなのです。

 大宇宙は意識なりは真理の言葉です。私も大宇宙とコンタクトをとってホームページを作り、今日単独槽のアイデアを知らされたような気がします。皆さんの身に迫る危機を感じていただくためにネットの情報をお知らせする次第です。どうぞご覧ください。ネット情報

 

 過去にご縁のあったるいネットもご紹介します。

 

 るいネッ 新理論の探求サイト